甘い生活〜La Dolce Vita〜

ピッツァ食堂ウイングチップ&ジェラテリアバールラドルチェヴィータのブログ。
2010年11月11日にニューオータニ東京で開催されたカルピジャーニ・ジャパン(株)30周年記念ジェラートコンクールで90社以上のエントリーの中から第3位になりました。

Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Profile
Comment
Archive
Mobile
qrcode
Search
■□ ジェラート屋さんの2月
パリパリチョコのジェラートアイスケーキ

なんだか月一更新になってきている気がします。
もう少し更新出来るように頑張ります。

今日も激しく雪が舞っていた堺ですが、たくさんバレンタイン用の発送をさせて頂きました。
明日届く方、お楽しみに♪

今年はバレンタイン用に、上画像のパリパリチョコレートにコーティングされたジェラートケーキをご用意致しました。
中はこんな感じ↓
パリパリチョコのジェラートアイスケーキ
最下層と真ん中にスポンジケーキを敷きまして、ピスタチオジェラートとチョコレートジェラートを挟み込みました。
アクセントとして、クランベリーとラズベリーがゴロゴロと入っております。

このパリパリチョコのアイスケーキは、ずっと作りたいアイスケーキだったのですが、なにぶん相手が冷たいジェラートと温かいチョコレートなもので、2つを一緒にしようとすると、どう考えても溶ける。。。

冷たいジェラートに、溶けたチョコレートを流すと、当然のことながら一瞬にして固まる訳です。(チョコが)
反対にジェラートは、チョコを一瞬にして固まらせるくせに、少し溶けるんですよね。
そしてチョコのコーティングは薄い方が美味しいのに、もたもたしているとチョコがどんどん固まって、分厚い膜になってしまうんです。
そうなるとジェラートと食べたら口の中でなかなか溶けてくれない。美味しいチョコを使用しているので、それはそれで美味しいのですが、ケーキとしての完成度はいかがなものでしょうか?となってくる。

良い方法ないかなーと思っていたら、温度に気をつけると良いよ、とアドバイスを頂きまして、試行錯誤の上、商品化に至りました。
パリパリチョコのジェラートアイスケーキ
まだまだ未熟ものですが、いつかザッハトルテのような綺麗なコーティングが出来るよう精進して参りたいと思います。
よろしくお願いいたします。

http://wingtip.shop-pro.jp/?pid=86752330
| ラ・ドルチェ ヴィータ | comments(0) |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex