甘い生活〜La Dolce Vita〜

ピッツァ食堂ウイングチップ&ジェラテリアバールラドルチェヴィータのブログ。
2010年11月11日にニューオータニ東京で開催されたカルピジャーニ・ジャパン(株)30周年記念ジェラートコンクールで90社以上のエントリーの中から第3位になりました。

Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Profile
Comment
Archive
Mobile
qrcode
Search
■□ ジェラートワールドツアー2日目その2
ジェラートワールドツアー
2日目の続きです。
前回の補足をすると、<ジェラートの行程>
1、ジェラートのベースを作る。
2、エージングをかける(一日寝かせる)。
3、フィリージングにかける(ジェラートが出来る)。

この行程で、1、のマシーンと3、のマシーンは違うマシーンを使用します。
ですので、1、を作りながら、3、のマシーンを使用することも可能。
木曜日は1、のマシーンを使用したいチームが多く、
金〜日は、3、のマシーンを使用したいチームが多いという感じです。
(もちろん、毎日1〜3の行程を行っているチームもありました)

ここでもう少し説明すると、
このジェラートワールドツアー東アジア大会では、16名のジェラート職人が出場しています。
そして9台のジェラートショウケースがあって、一人一台使用出来るところは2チームあって、あとは1台を2チームで分けて使用するということだったんです。
なので12バット並ぶショウケースは、6バットづつ使用する決まりです。


ジェラートワールドツアー

↑これが私たちのジェラート。
石窯焼かぼちゃとヨーグルトのジェラート。
私たちはカボチャを食べてもらってから、ヨーグルトを食べてもらって、その後マーブルにして一緒に食べて貰いたかったので、別々に盛りつけました。
しましまに盛りつけたのが、工夫と言えば工夫です。
(私たちのお店のカップもヨコシマですしね)

対しまして、私たちと同じショウケースをお使いになるお隣のVITOさんはコチラ↓

ジェラートワールドツアー

超、格好良くないですか?
金粉まで掛かってます。私たちは引き立て役ですか?って感じの差(笑
いや、良いんです。

でもこのジェラートの盛りつけの高さの違いが後々問題?となってきます。

ジェラートワールドツアー

これはショウケースの内側。
ショウケースは全部外を向いているので、内側にみんな居ます。

ちょっと細かく書き過ぎて、飽きてきちゃったので(コラ!)
facebookの方で写真を中心に紹介したいと思います。

また日を置いて、ブログにもまとめたいと思います。
| ジェラートワールドツアー2015 | comments(0) |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex