甘い生活〜La Dolce Vita〜

ピッツァ食堂ウイングチップ&ジェラテリアバールラドルチェヴィータのブログ。
2010年11月11日にニューオータニ東京で開催されたカルピジャーニ・ジャパン(株)30周年記念ジェラートコンクールで90社以上のエントリーの中から第3位になりました。

Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Profile
Comment
Archive
Mobile
qrcode
Search
■□ オリーブ
ori-bu

ヴィータの店先にはオリーブがありますが、実をつけたことがありません。
お友達のお家のオリーブに大量の実が付いたので、収穫のお手伝いに行って来ました。
続きを読む >>
| イタリア | comments(0) |
■□ カメリエール
カメリエール

昨日、当スタッフと話をしていましたが、お店の満足度はカメリエールで決まるんではないかと、改めて思いました。

【カメリエール = 給仕】

イタリアでは、結構いい歳のおじさんがジェラートを盛っていたり、食堂のカメリエールを勤めていたりします。

それがとっても格好良いんですね。
貫禄があって、安心感があります。

日本でもとっても高いリストランテやホテルのレストランでは、格好良いカメリエールに出会えることがありますが、他では稀です。

日本では、カメリエールの地位が軽視されていることや、立ち振る舞いが絵にならないのが敗因かも知れません。

もっともっとお客様に満足して頂けるように、頑張りたいと思います。
| イタリア | comments(0) |
■□ イタリアに思いを馳せる
今日お店にボローニャに半年留学していた経験のある方が、いらっしゃってくれました。

イタリアが大好きらしいその方と、大いに話が盛り上がり、二時間でも三時間でも話してしまいそうな勢いでした。

とにかくワインが安くて美味しいこと。
ワインや、チーズや、生ハムなど専門店が多く、みんな誇りを持って働いていること。
晩御飯が遅いこと。
大家さんの作るパスタが美味しいこと。
ショートパスタが好きなこと。
バールが大好きなこと。

そうそう、そんなイタリアが私も好きなんですよ!って一度10日程行っただけの私ですが、好きなんですよ、なぜか。

いい加減な国だし、
アジア人が住みやすいとは言えないし、
スリも多いし、マフィアの国だし。

けれども、ピッツァにパスタに、肉に魚に、野菜にフルーツ。
何でも美味しい。

やっぱり美味しい食べ物から、人って作られるんじゃないかなァと思う私にとって魅力的な国であることは間違いないです。

| イタリア | comments(0) |
■□ ぺペロンチーノ
唐辛子

先日、唐辛子を頂きました。

なんだかとっても夏らしくて、いいなぁって。
マスカルポーネが入っていた容器に入れると
本当に夏らしく、気持ちが良いくらいです。

ちなみにイタリア語でぺペロンチーノ。
イタリア料理のネーミングはストレートで好きです。

| イタリア | comments(0) |
■□ 美味しいもの
焼き菓子

イタリアの郷土菓子が好き。

フランス菓子のように見た目は華やかではないけど、
素朴でとっても美味しい。

イタリアで食べた、アマレットの焼き菓子。
口にして、美味しい!
この香りこの香り・・・と考えながら
アマレットだ!って分った瞬間のあの驚きといったら。

またどうしても食べたいのに
何回作っても同じ味にならない。

やっぱり、マンマには敵わないなぁ
| イタリア | comments(1) |
■□ フラゴラ
フラゴラ

久しぶりにイチゴのジェラートを作りました。
大きいボウルにイチゴを浮かべて、わしゃわしゃ優しく洗います。

イタリア語でイチゴは「フラゴラ」と言います。
| イタリア | comments(0) |
■□ イタリアンセット
アマレーナ

当店はイタリアンジェラート屋さんです。

   ◎ ◎ ◎ ◎ ◎
   イ・タ・リ・ア・ン

そう!私がこの3年頑なにコダワッテイタものです。


イタリアンジェラートなんだから、イタリアに実際置いてあるフレーバーを!
そして、イタリアでは子供だけでなく、大人にも!もちろんおじいちゃん・おばあちゃんにも大人気のジェラート。
子供っぽいフレーバーでは、イタリアンジェラートじゃない!!!


と思い込んで3年。



イタリアンセット出来ました。
http://www.rakuten.co.jp/wingtip/1927056/1927057/

| イタリア | comments(0) |
■□ バール
伸ばした手の先

写真はタイトルと関係ないですが、先日行った「太陽の塔ピクニック」で撮った写真です。
ただ今写真展開催中です。(3月末日まで)徐々に作品が増えてきていますので、期間中「来るたびに変わってる?!」ってこともあると思います。お気軽にお越し下さい。


さて、先日のお休みに「バール」に行ってきました。
「バール」は自分の生活に近ければ近いほど、良い!と私は思います。
一日に何度も行ける気軽さ(距離も値段も)がバールの素敵なところだし
意味あるところだと思う。

だけど、なかなかそんなバールは近くにないのと、私の勉強のために
最近は神戸の方面のバールにもお邪魔しています。

先日行ってきたところは、イタリアにそのまま在りそうなバールでした。
お店の雰囲気といい、バリスタさんといい、カッフェにイタリアンドルチェ・ワインといい素敵なバール。

バリスタさん。
素晴らしい知識に、惚れ惚れしてしまいました。
自分の勉強不足に恥ずかしくなり、もっともっと頑張ろう!って思わせていただきました。
ありがとうございます。

「BAR バール」は鳥が羽を休める「止まり木=BAR(バー)」に由来してると言われています。

そっか、止まり木なら自分の羽を休める為に
たまには遠くへ行くものいいなァ。

私がそう感じたように、La Dolce Vitaそう思ってもらえるお店にしたいものです。

| イタリア | comments(2) |
■□ イタリアのバレンタイン
焼き菓子

バレンタイン用にビスコッティにチョコレートのコーティングをしました。
あとチョコチップの入ったビスコッティも作りたいです。

貴婦人のキスもチョコレートをサンドした焼き菓子。


イタリア語でバレンタインは「BUON SAN VALENTINO」
(ブオン サン バレンティーノ)と言います。

イタリアのバレンタインは、夫婦や許嫁、付き合っている
カップルたちがお互いにチョコレートを渡し合うイベントなのです。

なので、日本のように「告白」や「義理チョコ」「ホワイトディ」
の感覚はありません。

また「BUON SAN VALENTINO」は「愛してるよ♪」という意味も含んでいます。
「愛してるよ」って言いながら、お互いチョコレートを渡し合うんだろうなァ。いいなァ。。。
| イタリア | comments(2) |
■□ ドルチェ
焼き菓子

予てより、もっとイタリアの焼き菓子を作りたいと思っていました。
イタリアのお菓子は、フランス菓子と違って華美なものはあまりありません。
どっちかというと無骨でへんてこりんな形をしているものが多いです。

だけどとっても素朴で美味しいお菓子たち。

キリスト教の総本山「バチカン」を抱えるイタリアは、敬虔なクリスチャンが多く、その宗教に関連したお菓子がたくさんあり、その都度マンマが腕を振るって各家庭の味の伝統的なお菓子を作っています。

日本のお正月には「お雑煮」を食べる。とか、節分には「巻き寿司」を丸かじりするとか、ひな祭りには「菱餅」を飾るとか。

そんな習慣は素敵だなと思います。
昔から言い伝えられていることってとってもロマンチックに思うのです。

日本人なんだから、日本人らしく日本のことをすれば良いのですが、あいにく当店はピッツァ食堂・イタリアンジェラート屋なので、イタリアの焼き菓子を作りました。

そんなにいっぱい種類はありませんが、その季節ごとのイタリアの行事に合わせて、いろいろ作れたらいいなァと思っています。

| イタリア | comments(0) |
<< | 2/3 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex